利用限度額が多い消費者金融からお金を借りる

利用限度額が多い消費者金融からお金を借りる際には、まずは大手の銀行があります。たとえばみずほ銀行のカードローンを見ていくと、都市銀行の標準的なカードローンである一方で、最高金利の低さ、そして限度額が1000万円までというのが目立ちます。最高金利の14.0%については、銀行のカードローンとしてはトップクラスです。また、最高1000万円というのも、カードローンとしては業界で唯一の上限額です。

ただ、はじめてカードローンを使う方にとっては、上限額は100万円ぐらいまでに抑えられます。限度額を上げるには、年収証明などをしっかりし、その上で利用実績も積み重ねていって、結果として1000万円という限度額に手が届きます。この点、限度額は消費者金融でも軒並み、500万円ほどと高額です。限度額まで達する速度は、実績を積んでいけば消費者金融の方が早いでしょう。金利はその分高くなりますが、お金の借入から返済までの計画がしっかりしている、もしくはすぐに返済できるのであれば、消費者金融がオススメです。中でも、昔からお馴染みの名のしれた大手の消費者金融は、信頼度も高いですし、おすすめです。比較までに、大手銀行のローンカードについても見て行きましょう。

こちらは、低金利カードローンというのが一般的な特徴となっています。金利については全カードローンの中でも最安のものでは、3%台からとなっています。また、借入限度額についてもカードローンの中でも最高レベルの500万から800万円となっており、大きな融資枠も魅力的です。しかし当然ですが、条件がいいと審査がキツイです。その点、消費者金融は手頃です。

ただし、専業主婦の方だと総量規制の影響から消費者金融からの借入が厳しい場合もあるので、借入が可能なのかどうかをこちらの記事で事前に確認しておきましょう。 主婦でも利用できるキャッシング