限度額いっぱいまでお金を借りるなら総量規制に注意

消費者金融での利用限度は、企業側の設定ではなく総量規制によるもので、年収の1/3までに限定されています。銀行系のキャッシングローン会社は総量規制の適用外になっていますが、業者としての利用限度額が設定されています。

お金を借りたら返さなければなりませんが、利息と合わせて返済する場合、借入額が多くなると利息も高くなりますし、支払い回数が多くなっても利息が高くなってしまいます。

そのため、お金を借りる場合には必要額だけにすることが大切です。限度額いっぱいまでお金を借りると、気が大きくなってしまい無駄遣いをしてしまう傾向があります。

また、大手のキャッシングローン会社の上限の平均額は300万円程度ありますが、初めてのキャッシングの場合にはさらに規制があり、建前の借入れ限度額通りに借りられることはあまりありません。

キャッシング会社は貸す側も借りる側も信用が大切です。特に初めての借入れでは信用度がわかりませんので、50万円程度が上限になっています。

何度か利用して、返済に滞りがなければ利用限度額は増えます。300万円の限度額いっぱいまでお金を借りることができるようになるまでは、時間が必要かもしれません。

限度枠は利用者が返済できるであろう平均額であると考えるとよいでしょう。初めてでも複数回の利用でも限度枠いっぱいまで借りられることはあまりありませんし、仮に限度枠の利用が可能だとしても返済が滞ってしまえば限度枠が下げられることもあります。

限度額いっぱいまでお金を借りることができないからと複数のローン会社を利用する人がいますが、返済ができなければ多重債務を抱えしまうリスクが高くなります。